早漏に悩む男性は沢山いますが、薬は副作用が怖いのであまり飲みたくないという人も多いです。
薬を使わずに早漏を改善する方法は、スタート&ストップ法で、一人でも簡単に出来るので長続きしやすいことが特徴といえます。

早漏になる原因の一つに、マスターベーションが関係しているケースも多いです。
家族に内緒でマスターベーションをするわけですから、急いで射精をすることが習慣になり早漏になってしまいます。
その習慣を改善するためにもスタート&ストップ法が効果的です。

スタート&ストップ法の方法は簡単で、射精をしそうになったら我慢をしてそれを何度も繰り返します。
気持ちがいい瞬間を我慢するわけですから、途中で挫折しそうになることもありますが、無理をせずにじっくり時間をかけてトレーニングするといいでしょう。

スタート&ストップ法のトレーニングの仕方ですが、マスターベーションでトレーニングをする場合は、ペニスを刺激し射精感がこみあげてきたらペニスの刺激をやめて、射精感が落ち着いてきたらもう一度ペニスを刺激します。
再び射精感がこみあげてきたら、刺激をやめ、これを4~5回を目安に繰り返すことが大事です。
スタート&ストップ法で、射精コントロールを身に付けます。

パートナーに協力してスタート&ストップ法をおこなう方法も効果的です。
セックスの時に射精しそうになったら行為を中断して、射精感が落ち着くまで休みます。
しばらく休んだら再度行為を開始し、それを4~5回繰り返すと、次第に射精コントロールを身に付けることが可能になります。

パートナーに協力してもらう方法だと、マスターベーションの時よりも気持ち良さに負けてしまいそうですが、そこを乗り越えることで早漏の改善が期待できます。
最初から無理をしない範囲でトレーニングをしてください。
スタート&ストップ法は圧迫して射精感を抑える方法ではなく、自力で射精感を抑える方法なので、逆流などの危険性がないのが特徴です。

スクイーズ法で早漏を改善してみる

スクイーズ法を提案する医者 早漏の改善のトレーニング方法としてスクイーズ法がありますが、スタート&ストップ法と違う点はペニスを刺激していきそうになったら、亀頭の下を手でしっかり握ります。
スタート&ストップ法のように自力で射精感を抑える方法ではなく、圧迫する方法なので効果も高いです。
ペニスの射精感が高まってきたら再度マスターベーションを開始し、これを5~10回ほど繰り返します。

スクイーズ法は一人でいつでもペニスを鍛えることができますが、パートナーがいるならば一緒にトレーニングした方が効果的です。
最初のうちはうまくいかず途中で射精をしてしまうこともありますが、あきらめずに繰り返しトレーニングするといいでしょう。

スクイーズ法で気をつけることは、我慢した後は最後に必ず射精をすることです。
効果がでるまでには数カ月かかるので、焦らずじっくりトレーニングしてください。
寸止めのマスターベーションではなく、亀頭の下を握りしめることが重要になります。
膣内とマスターベーションでは感覚が違うので、マスターベーションだけでトレーニングをしていると、実際のセックスで膣内に挿入するとうまくいかないことも多いです。

女性とのセックスでトレーニングする場合は、射精感が高まってきたら素早くペニスを抜いて、ぎゅっと亀頭の下を握りしめるとより実践に近い感覚でうまくいきます。
早漏改善の方法は普段から規則正しい生活をすることです。
じっくり睡眠をとることも大事で、睡眠不足だとどうしても思うように射精コントロールができないこともあります。

規則正しい食生活も大事で毎日栄養のあるものをしっかり食べていると、早漏改善にとても効果的です。
偏った食生活にならないように、毎日食べた物をノートにつけておくといいでしょう。